増え続ける高齢者と老人ホーム|介護施設の入所の難しさ

高待遇の老人ホーム

メンズ

老人ホームにはいくつか種類が分かれており、それぞれで入所できる条件が異なります。老人ホームは介護度合いによって入所条件が決められています。介護度合いが軽いものであれば、特別養護老人ホームや介護老人保健施設などが挙げられます。ある程度介護の度合いが高くなってくると介護付き有料老人ホームやシニア向け分譲マンションなどがあります。少子高齢化が多くなってきた今、老人ホームへ入所するも待機者の方が既にいてなかなか老人ホームに入所できずにいる方もいます。また、老人ホームは入所料金に高額な費用がかかります。月額の費用の他に入所時に発生してくる料金なども合わせると数十万円から高いところでは1千万円を超えるところもあります。また、それぞれの老人ホームごとにメリット・デメリットもあるのでそれを把握した上で入所することが必要です。
介護の度合いが高く、良い介護体制を受けたい場合であれば有料老人ホームを選ぶとよいでしょう。有料老人ホームであれば24時間体制で介護担当や看護担当がついてくれるため手厚いサポートを受けることができます。万が一何か起きた場合でも安心できます。その他にもレクリエーションや施設も充実しているため、周りの老人とのコミュニケーションが図れて退屈することがありません。また、老人ホームによっては入所中に介護の度合いが重度に及んだ場合は、引っ越しをしなければなりませんが、有料老人ホームの場合はそのまま住み続けることができる施設もあります。ただし、施設によっては引越しが必要な場合もあるので、それは入所前に確認しておきましょう。