増え続ける高齢者と老人ホーム|介護施設の入所の難しさ

伝送ソフトの特徴

パソコンを操作する人

多くの人数の世話をする老人ホームは、日々の施設利用料金の請求を入所者から1割、残り9割を国保連へ請求することが必要です。請求をする際は介護保険請求ソフトを使って行ないます。以前まではISDN回線をから伝送をしていましたが、現在では通常のインターネット回線を通して伝送を行なうことができるようになったので、別途でISDN回線を用意する必要がなくなりました。
介護保険請求ソフトでは、個人個人の介護者のデータを管理できるだけではなく、スタッフの勤怠の管理や返戻金の管理なども1つのソフトで一括で行なうことができるため一度操作方法を覚えてしまえば日頃の管理が楽になります。介護保険請求ソフトにはパッケージ型とASP型というもので分かれていて、種類によって使用できる機能や料金に違いがあります。パッケージ型はローカル上で動作させることができ、始めから機能が充実していていろいろな操作が可能です。また、カスタマイズも行なうことができるため使いやすいように改良することが可能です。ASP型の場合は初期導入費はほとんどの場合がないことが多く、ネット通信を通して利用するソフトなので月額利用料があります。月額性であるため料金が比較的安く利用できるメリットがあります。機能としては、初期では必要最低限しかありませんが法改正などによってソフトの仕様変更を行う場合にも追加料金などは発生せず、ソフト提供会社側で行ってくれるので安心して利用することができるというのもASP型のメリットの1つです。それぞれの介護保険請求ソフトのメリットを理解して最適なものを選びましょう。