増え続ける高齢者と老人ホーム|介護施設の入所の難しさ

施設の管理を効率化

PCを操作するウーマン

介護ソフトは施設のあらゆる管理を効率的に進めることができるようになります。スタッフの勤怠や入所者の状態、入所者への請求と国保連の請求といった全てが介護ソフト1つで管理をすることができます。

More Detail

伝送ソフトの特徴

パソコンを操作する人

介護保険請求ソフトには、パッケージ型とASP型というのがありそれぞれでメリットが違います。パッケージ型は高額ですが機能が充実していて、ASP型であればネットを通じて利用するソフトであるため安価で利用することができます。

More Detail

高齢者の増加に伴う待機者

男女

年々高齢者が増加傾向にある日本では、老人ホームを利用する人が増えています。利用者は増え続けていくのに対し、老人ホームの数が追い付いていないため、待機者も増加し続けています。老人ホームの目的は単純に介護をするといった目的だけではなく、自分1人で私生活を送ることができるようにリハビリを行ったり、生活の支援をしたりしています。そのため、長期滞在というのは基本的にできず、一定期間を経て退去する必要があるのです。介護の必要度合いが軽度か重度かによって入所できる施設も決まっていて、施設によっては数百万円から数千万の資金が必要になります。もし、安価で長期的滞在を目的とした施設に入るのであれば、特別養護老人ホームに入所するとよいでしょう。しかし、当然そういった条件のよい施設には入所者がたくさん集まるため、待機者も多いため入所するまでにはかなりの時間を必要とすることがあります。

厚労省の発表で、5年間だけで老人ホームの入所待機者人数は約10万人以上も増えているといわれています。これだけ利用者の多い老人ホームは、年々新設をするところも多くその規模を拡大していっております。基本的に待機者が多く集まっているのは、安価で入所条件のハードルが低いところであるため確実に入るということを考えると有料老人ホームを検討の余地にいれてみるとよいかもしれません。しかし、有料老人ホームは他の施設の比較すると、かなり高額であることから入所するためにはかなりの資金を必要とします。仕事などの理由で家族での介護が難しければ、それぞれで料金の負担を軽減して入所するというのもよいかもしれません。

高待遇の老人ホーム

メンズ

数ある老人ホームでも有料老人ホームは待遇がよく、入所者も安心して過ごすことができます。しかし入所する際の料金が高額であるためある程度の資金が必要になることを覚えておきましょう。

More Detail